銀行の即日融資はココがデメリット!

銀行融資と言えば、審査が長い。

なお且つ審査が厳しい。

これが従来の銀行融資です。

しかし、最近は貸金業改正と同時に銀行も個人向け融資事業を強化しはじめ、今では即日融資であるカードローン商品は実に多くの民間金融機関で取り扱っています。

銀行の融資を利用するのは、安心度、信頼度が高いところが魅力だから。

やはり融資を受けるなら誰でも安全な方がいいと考えます。

また銀行の融資は貸金業者で借りるより金利が低いので利用における負担もないというところは大いに考えられるので、その部分も銀行融資を利用するメリットです。
ですが、メリットがあるものは、同時に必ずデメリットもあります。

それが、やはり銀行ゆえの審査傾向。

銀行は貸金業法の改正に伴い確かに消費者金融業者の融資ノウハウを学びそれをまねた商品を打ち出した。

しかしながら、結果審査のスピードはまずまずでも審査傾向がやはり銀行融資と言えるわけです。

総量規制の対象外なので、主婦でもバイトでもOKというわりには、審査は中々厳しいと評判です。
例えば、25歳でバイトをしている男性Aさんの場合。

年収200万円で他社利用2件50万円の条件で銀行の即日融資に申込み否決。
審査傾向は各銀行によりもちろん違いますが、やはり従来の銀行審査そのままという銀行も実際存在するので、利用における壁の高さが銀行融資を利用するデメリットになる事は確実に言えると思います。

安定した収入があればどなたでも借りられます的な宣伝文句で顧客集めをしているわりには審査傾向が厳しいので、こうした部分も含め銀行の融資を利用したいという方はよく検討し無駄に申し込みをしないようにしなくてはいけません。

また審査内容もかなり念入りに調査を行い、可否を判断する銀行も多いので、銀行融資は確かに安心度や信頼度が高く、利用にも負担なく利用出来る融資機関ですが、実際キャッシングするには、宣伝するように簡単に借りられないところもあるようですし、だからと言ってお試しを利用してから申込むというようなサービスもされていないところは、やはり銀行融資のデメリットと考えます。

いつでもどこでも借りられるプロミスのキャッシング!

友達と遊ぶときにちょっとお金が足らないという場合、又は彼女とデートだけどちょっと見栄を張りたいなんて言う時、私はちょくちょくプロミスでキャッシングをしてお金を借りることにしています。もちろん、返す当てがある時にしかキャッシングはしませんが、キャッシングってとても便利な金融商品だと感じています。最寄りの銀行ATMに行けばすぐに現金を引き出せますので、便利で且つ気軽なキャッシングを堪能している私です。

しかし、最近知ったのですが、プロミスの借入方法はATMだけではなかったのです。借入方法にはいくつかあって、シチュエーションに応じて利用できる借入方法があることがわかったので、これからはATMだけじゃなく別の方法でも借入していこうと思っています。

例えば、私がぜひ利用したいと思ったのが、インターネット経由での借入です。インターネット経由というのは、パソコンだけでなくスマホやケータイもOKです。ネット環境にあればプロミスのホームページから会員サービスにログインし、ちょこっと手続きするだけで、指定する銀行口座に即振込をしてくれます。

銀行振込の受付は24時間してくれますので、この方法が一番便利かなあと感じました。もちろん振込をしてくれる時間には規定がありますから、場合によっては翌営業日振込になってしまいますが、それでもネット環境にあればいつでも手続きできるのはありがたいサービスです。しかも振込手数料が無料ですから、この点も見逃せませんね。

こんな方法もあるんだなあと感じたのが、電話による借入申込です。スマホはいつでも携帯していますから、この借入方法も有りだなあと思いました。しかもプロミスの電話受け付けは24時間なんです。オペレーターの方お疲れ様です!と言いたくなってしまうサービスですが、これなら文字通り24時間どこでもヘルプしてくれるでしょうね。今度私も電話での借入申込をすることがあったら、「お疲れ様です!」と、ひと声かけようかと思います。

プロミスが採用する豊富な借入方法、私は正直びっくりしました。ATMでの借入方法しか知らなかったので余計にびっくりしてしまったのですが、借りたい時の状況に合わせて使い分けていこうと思います。

プロミスの感想とサービスについて

プロミスは、非常に利用しやすい消費者金融です。申し込み方法が多数あり、私の場合はインターネットを利用して申し込みをしました。私はパソコンからしましたが、スマートフォンからでも利用できます。また店舗やATMから申し込みをしたい場合は、プロミスのホームページから立地場所を検索できる機能があります。
審査のスピードも非常に早く、急にお金が必要になった場合にも利用がしやすいです。
私が利用したのは一般的なカードローンです。フリーキャッシング(http://www.qt798.com)とも呼ばれ、利用制限のない、つまり自由に使えるお金となっています。この他にもプロミスではおまとめローン、自営者カードローン、目的ローンなどがあります。他のところでローンを利用している場合にはおまとめローンがおすすめです。月々の返済がしやすくなるというメリットがあります。
自営者ローンは個人事業主へ向けたローン形態です。消費者金融のなかには自営業であると審査に通りにくい場合がありますが、プロミスの自営者ローンならそんなことはありません。収入が安定していたり、経営を始めてからの年数がそれなりに長ければ審査は通りやすいです。
目的別ローンはお金の利用目的が決まっている場合におすすめです。どういった目的に使えるかはホームページから確認することができます。
返済方法は一般的な消費者金融とほぼ同じですが、インターネットバンキングが利用できます。私の場合は楽天銀行をすでに利用していたので、そちらから返済が可能です。ちなみにインターネットバンキングはパソコンで利用できる銀行のことです。つまり返済がパソコンから行なえます。
その他、おすすめの返済方法としてはATM、コンビニなどです。全国にあるので、返済がしにくいということはないでしょう。
また、お金を返す際には利息に注意しましょう。元金を返すことだけを考えていると、後々困るケースもあります。最低でも利息以上のお金を返済することを心がけましょう。